FXでセレブなニート生活
仕事を辞め、家で気楽に過ごせるまでのFX日記です
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
最近FXやってるんで、本とかを読んで勉強中です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




最近やってみている手法なんですが、面白いと思いますよ。

やはりちゃんと勉強しないとFXは勝てない気がします。

この手法面白いです。簡単にもらえます → FX手法タダでもらえます




大事なお金は香港で活かせ改訂版
2009年05月21日 (木) 01:53 | 編集
最近FXやってるんで、本とかを読んで勉強中です。

大事なお金は香港で活かせ改訂版
大事なお金は香港で活かせ改訂版
価格: 2,100円
販売元: 楽天ブックス

著者:渡辺賢一出版社:同友館サイズ:単行本ページ数:242p発行年月:2005年09月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)大切な自分のお金を、いかに安全な場所に預け、守っていくかを考える時代になった。とりわけ海外にも目を向ける時代になった。本書では、日本から近く、金融規制も緩やかな香港で、インターネットバンキングを利用し、国際分散投資やファンドによる資産運用メリットを活かす方法を詳述。また、人民元・中国株に付いても併せて解説した。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 いちばん近いオフショア金融センター(香港の金融は日本より10年進んでいる/なぜ、あえて香港を勧めるのか ほか)/第2章 香港に銀行口座を開設するには(香港の金融街「セントラル」を歩く/香港の主な銀行とサービス ほか)/第3章 実践ネットバンキング?HSBCを例に(ネットバンキングで何ができるのか?/ユーザー登録・ログオン ほか)/第4章 香港で買うオフショアファンド(オフショアファンドの種類/オフショアファンドの購入・解約?HSBCの場合)/第5章 人民元・中国株に投資する(香港の「お隣り」で人民元預金口座を開く/日本で買うなら香港で!中国株ファンド)【著者情報】(「BOOK」データベースより)渡辺賢一(ワタナベケンイチ)1963年福島県生まれ。駒沢大学文学部卒。東京の編集プロダクションで10年間活躍の後、1996年から香港の日本語新聞「香港ポスト」記者に。同紙編集長を経て2000年1月1日に独立。経済ジャーナリスト(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 株・資金運用

スポンサーサイト




最近やってみている手法なんですが、面白いと思いますよ。

やはりちゃんと勉強しないとFXは勝てない気がします。

この手法面白いです。簡単にもらえます → FX手法タダでもらえます




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。