FXでセレブなニート生活
仕事を辞め、家で気楽に過ごせるまでのFX日記です
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
最近FXやってるんで、本とかを読んで勉強中です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




最近やってみている手法なんですが、面白いと思いますよ。

やはりちゃんと勉強しないとFXは勝てない気がします。

この手法面白いです。簡単にもらえます → FX手法タダでもらえます




香港経済研究序説
2009年02月21日 (土) 12:17 | 編集
最近FXやってるんで、本とかを読んで勉強中です。

香港経済研究序説
香港経済研究序説
価格: 3,045円
販売元: 楽天ブックス

植民地制度下の自由放任主義政策大阪商業大学比較地域研究所研究叢書 著者:閻和平出版社:御茶の水書房サイズ:単行本ページ数:190,発行年月:2001年03月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)植民地政策と自由放任主義政策がそもそも共存可能なものなのか、もし香港においてそれが共存していたとすれば、それを可能にしたものが何であったかを吟味する。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 自由放任主義政策の考察/第2章 中国からの人口流入とその要因/第3章 香港の都市化と住宅政策/第4章 製造業の発展と自由貿易/第5章 香港経済と中国【著者情報】(「BOOK」データベースより)閻和平(Yan/Heーping)1962年中国北京市に生まれる。1986年京都大学経済学部卒業。1988年京都大学大学院経済学研究科博士課程(前期)修了(経済学修士)。1994年京都大学大学院経済学研究科博士課程(後期)退学(経済学博士)。大阪商業大学商経学部専任講師。1999年大阪商業大学経済学部助教授、現在に至る。主要著書に共著『比較企業経営分析?ロシアと中国』創成社、1996年(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。・本> ビジネス・経済・就職> 経済・財政> 日本経済

スポンサーサイト




最近やってみている手法なんですが、面白いと思いますよ。

やはりちゃんと勉強しないとFXは勝てない気がします。

この手法面白いです。簡単にもらえます → FX手法タダでもらえます




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。