FXでセレブなニート生活
仕事を辞め、家で気楽に過ごせるまでのFX日記です
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
最近FXやってるんで、本とかを読んで勉強中です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




最近やってみている手法なんですが、面白いと思いますよ。

やはりちゃんと勉強しないとFXは勝てない気がします。

この手法面白いです。簡単にもらえます → FX手法タダでもらえます




収益不動産評価の理論と実務
2009年09月13日 (日) 21:22 | 編集
最近FXやってるんで、本とかを読んで勉強中です。

収益不動産評価の理論と実務
収益不動産評価の理論と実務
価格: 3,990円
販売元: 楽天ブックス

著者:ジェフリー・D.フィッシャー/ロバート・S.マーティン出版社:東洋経済新報社サイズ:単行本ページ数:323p発行年月:2006年06月原書第2版この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)資本が収益性を求めて世界中を動き回る中で不動産についての戦略的意思決定をどう行うべきか。割引率をどう選択し裏付けるか?開発プロジェクトをどう評価するか?具体的な計算手続きを豊富な事例でわかりやすく解説。米国不動産ビジネスの標準ソフトARGUS(ver.12、日本版)対応。【目次】(「BOOK」データベースより)評価の諸原則と最有効使用/市場分析と地域分析/複利計算と割引計算/キャッシュフローの将来予測/投資収益の計算/収益還元法/取引事例比較法/モーゲージ・ファイナンスと投資収益/リスク分析/割引率の選択と裏付け/最有効使用判断の具体的過程/計画中のプロジェクトの評価/収益劣化不動産の評価【著者情報】(「BOOK」データベースより)フィッシャー,ジェフリー・D.(Fisher,Jeffrey D.)米国インディアナ大学ビジネススクール教授、不動産およびファイナンス担当。1987年から1993年まで米国鑑定財団からの委託で米国鑑定評価業務統一基準(USPAP)の立案にあたり、現在は米国不動産受託者協会(NCREIF)理事として米国不動産投資インデックスを指導。米国不動産鑑定協会でComputer‐Assisted Investment Analysis,Advanced Income Capitalization担当マーティン,ロバート・S.(Martin,Robert S.)米国ノースカロライナ州ウェストンセーラムのマーティン&アソシエート社を自ら経営し、不動産鑑定評価を実践。DCFast、DVM2、Valucomなど収益不動産評価に係わる数多くのコンピューター・プログラムを開発。米国不動産鑑定協会でAdvanced Application担当刈屋武昭(カリヤタケアキ)明治大学ビジネススクール教授(グローバル・ビジネス研究科長)、京都大学経済研究所客員教授、みずほ第一フィナンシャルテクノロジー研究理事、経済産業研究所ファカルティフェロー(04‐06年)、日本金融・証券計量・工学学会と日本不動産金融工学学会と日本保険・年金リスク学会の設立会長、ミネソタ大学Ph.D.(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> マネープラン> 不動産・住宅ローン

スポンサーサイト




最近やってみている手法なんですが、面白いと思いますよ。

やはりちゃんと勉強しないとFXは勝てない気がします。

この手法面白いです。簡単にもらえます → FX手法タダでもらえます




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。