FXでセレブなニート生活
仕事を辞め、家で気楽に過ごせるまでのFX日記です
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
最近FXやってるんで、本とかを読んで勉強中です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




最近やってみている手法なんですが、面白いと思いますよ。

やはりちゃんと勉強しないとFXは勝てない気がします。

この手法面白いです。簡単にもらえます → FX手法タダでもらえます




収益を作る戦略的リスクマネジメント
2009年04月20日 (月) 16:54 | 編集
最近FXやってるんで、本とかを読んで勉強中です。

収益を作る戦略的リスクマネジメント
収益を作る戦略的リスクマネジメント
価格: 3,990円
販売元: 楽天ブックス

米国優良企業の成功事例 著者:トーマス・L.バートン/ウィリアム・G.シェンカー出版社:東洋経済新報社サイズ:単行本ページ数:288p発行年月:2003年12月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)21世紀の企業経営は、リスクに対応し、その中から価値創造を求める必要に迫られている。その鍵が「企業全体のリスクマネジメント」に基づく経営パラダイムへの移行である。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 はじめに/第2章 ケーススタディから学習したレッスン/第3章 チェース・マンハッタン/第4章 デュポン/第5章 マイクロソフト/第6章 ユナイテッド・グレイン・グロワーズ/第7章 ユノカル/第8章 結論【著者情報】(「BOOK」データベースより)バートン,トーマス・L.(Barton,Thomas L.)北フロリダ大学Kathryn and Richard Kip Professor of AccountingおよびKPMG会計学リサーチフェロー。フロリダ大学会計学博士(Ph.D.)、CPA。論文“A System Is Born:Management Control at American Transtech”でLybrand Silver Medalを受賞。共同事業における利得の最適アロケーションに関して「決裂傾向の全体最小化」メソッドを作った。彼の方法はDecision Sciencesのいくつかの記事で引用されている。きわめて創造的な作業の中にマネジメントコントロールを適用する専門家としても知られている。100以上のプロフェッショナル養成セミナーで教鞭をとったほか、公共部門、民間企業を含めた幅広い組織横断的なコンサルティング活動に関する豊富な経験をもっている。また学部・大学院の教育に対してフロリダ州大学システムから名誉あるTeacher Incentive Program賞を1994年に授与された(第1回受賞)シェンカー,ウィリアム・G.(Shenkir,William G.)ヴァージニア大学マッキンタイア商科スクールのWilliam Stamps Farish Professor of Free Enterprise,CPA。学部長を1997年から1992年まで務めた。教育・研究対象は、管理会計、ビジネスリスクとコントロール、会計原則などである。1973年から1976年までFASBの技術アドバイザーとプロジェクト部長を務めた。American Assembly of Collegiate Schools of Businessの学長と米国会計協会(AAA)の副会長を歴任。AAA、米国CPAインスティテュート、Financial Executives Institute、管理会計インスティテュート、バージニア州CPAソサエティ、などの多くの委員会に参加。またドミニオン銀行、デロイト&トウシュの学術相談役会、ファーストユニオンナショナル銀行の中東部地域の取締役会メンバーも歴任。現在ComSonics社の取締役会メンバーウォーカー,ポール・L.(Walker,Paul L.)ヴァージニア大学マッキンタイア商科スクール助教授、コロラド大学Ph.D.,CPA。彼は5大会計事務所での監査とシステム監査の経験をもつ。またセキュリティ、内部監査、貸付の業務を米国の大企業で行った経験を持っている。アーンスト&ヤングやCOSOなどの組織のコンサルタントも歴任している。AICPA、AICPAリスクタスクフォース、AAAの会員である。会計情報システム、監査、リスクマネジメント、金融会計を教えている刈屋武昭(カリヤタケアキ)現在、京都大学経済研究所教授、金融工学研究センター長(2000年‐)、ミネソタ大学Ph.D.、九州大学理学博士。1944年生まれ。一橋大学経済学部卒業(1968年)。一橋大学経済研究所教授(1975‐98年)、みずほ第一フィナンシャルテクノロジー社で金融工学を実践(1998‐2000年、現在研究理事を兼職)、シカゴ大学など客員教授を歴任。金融工学の重要性を認識し、1993年日本金融証券計量工学学会(ジャフィー)、2000年日本不動産金融工学学会(ジャレフ)を設立、会長に就く佐藤勉(サトウツトム)現在、国際協力銀行金融業務部企画課調査役、経済産業省「事業リスク評価・管理人材育成システム開発事業」ステアリング・コミティ委員(委員長補佐)。1967年生まれ。東北大学法学部卒業(1992年)。同年、日本輸出入銀行(現、国際協力銀行)入行、総務部等を経て、経済産業省産業資金課課長補佐(リスクマネジメント担当、2001年7月?2003年6月)、気象庁「天候リスクマネジメントへのアンサンブル予報の活用委員会」委員(2002年度)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 経営> 経営戦略・管理

スポンサーサイト




最近やってみている手法なんですが、面白いと思いますよ。

やはりちゃんと勉強しないとFXは勝てない気がします。

この手法面白いです。簡単にもらえます → FX手法タダでもらえます




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。