FXでセレブなニート生活
仕事を辞め、家で気楽に過ごせるまでのFX日記です
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
最近FXやってるんで、本とかを読んで勉強中です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




最近やってみている手法なんですが、面白いと思いますよ。

やはりちゃんと勉強しないとFXは勝てない気がします。

この手法面白いです。簡単にもらえます → FX手法タダでもらえます




マネーの公理
2009年02月02日 (月) 21:41 | 編集
最近FXやってるんで、本とかを読んで勉強中です。

マネーの公理
マネーの公理
価格: 1,680円
販売元: 楽天ブックス

スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール 著者:マックス・ガンサー/林康史出版社:日経BP社/日経BP出版センターサイズ:単行本ページ数:253p発行年月:2005年12月この著者の新着メールを登録する豊かな人生を過ごすためにはリスクをとらなければいけない。それも、正しい方法で??。英国で1976年に出版され、金融マンの間で読み続けられてきた名著。正しいリスクの取り方を身につけ、資産を積みあげていくための鉄則を凝縮した一冊。カリスマ投資家ラリー・ウィリアムズの愛読書としても知られる。ネット投資家必読!■目次はじめに 公理とは何か、どこからきたのか第一の公理 リスクについて第二の公理 強欲について第三の公理 希望について第四の公理 予測について第五の公理 パターンについて第六の公理 機動力について 根を下ろしてはいけない。それは、動きを鈍らせる第七の公理 直観について 直観は、説明できるのであれば信頼できる第八の公理 宗教とオカルトについて第九の公理 楽観と悲観について第十の公理 常識について第十一の公理 執着について第十二の公理 計画について【目次】(「BOOK」データベースより)公理とは何か、どこからきたのか/リスクについて/強欲について/希望について/予測について/パターンについて/機動力について/直観について/宗教とオカルトについて/楽観と悲観について/コンセンサスについて/執着について/計画について【著者情報】(「BOOK」データベースより)ギュンター,マックス(Gunther,Max)投資家。かつてスイス銀行界で幅を利かせていた金融マフィア「チューリッヒの小鬼」の1人を父に持つ。13歳で株式マーケットに参入し、財を成す林康史(ハヤシヤスシ)立正大学経済学部教授。大阪大学法学部卒、東京大学修士(法学)。クボタ、住友生命、大和投資信託、あおぞら銀行を経て、2005年4月より現職石川由美子(イシカワユミコ)(株)トーキョー・インベスター・ネットワーク代表取締役。上智大学卒、法政大学修士(経済学)。カザノブ証券(Cazenove&Co.)、スタンダード・アンド・プアーズMMSを経て、1996年11月に株式会社トーキョー・インベスター・ネットワークを設立、代表取締役に就任。個人投資家向け投資信託ポータルサイト「投信資料館」を運営(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。・本> ビジネス・経済・就職> 株・資金運用

スポンサーサイト




最近やってみている手法なんですが、面白いと思いますよ。

やはりちゃんと勉強しないとFXは勝てない気がします。

この手法面白いです。簡単にもらえます → FX手法タダでもらえます




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。