FXでセレブなニート生活
仕事を辞め、家で気楽に過ごせるまでのFX日記です
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
最近FXやってるんで、本とかを読んで勉強中です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




最近やってみている手法なんですが、面白いと思いますよ。

やはりちゃんと勉強しないとFXは勝てない気がします。

この手法面白いです。簡単にもらえます → FX手法タダでもらえます




ドル覇権の崩壊
2009年07月03日 (金) 05:23 | 編集
最近FXやってるんで、本とかを読んで勉強中です。

ドル覇権の崩壊
ドル覇権の崩壊
価格: 1,575円
販売元: 楽天ブックス

静かに恐慌化する世界 著者:副島隆彦出版社:徳間書店サイズ:単行本ページ数:254p発行年月:2007年07月この著者の新着メールを登録するアメリカの双子の赤字がもうどうにもならない金額に膨れ上がっている。ワシントンはすでにドル安政策でコンセンサスができたといわれる。軍事だけでなく経済も属国化した日本はさらなる対米献上を迫られ、それは国民に跳ね返ってくる。すなわち大増税時代の幕開けである。ベストセラー『預金封鎖』で評判を呼んだ副島隆彦の待望の新刊!!【内容情報】(「BOOK」データベースより)目先の円安と低金利に騙されるな。やがてドルは暴落し、円は1ドル=80円へ。そして、金融恐慌が世界を襲う。いまこそ資産を金・ユーロ・人民元に移せ。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 2008年末からドルが大暴落しアメリカ帝国は衰退する/第2章 世界はこうしてドルに騙された/第3章 かくてドル覇権は崩壊していく/第4章 日本はどこまでアメリカに毟られるのか/第5章 アメリカが衰退し、中国が次の超大国になる【著者情報】(「BOOK」データベースより)副島隆彦(ソエジマタカヒコ)1953年、福岡市生まれ。早稲田大学法学部卒業。外資系銀行員、予備校講師を経て、常葉学園大学教授。ベストセラー『預金封鎖』(祥伝社)、『英文法の謎を解く』(筑摩書房)などの著者として知られる碩学。日米の政界・シンクタンクに独自の情報源を持ち、金融経済からアメリカ政治思想、法制度論、英語学、歴史など幅広いジャンルで、鋭い洞察と緻密な分析に基づいた論評を展開。また、副島国家戦略研究所(SNSI)を主宰し、日本人初の「民間人国家戦略家」として講演・執筆活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 経済・財政> 国際経済

スポンサーサイト




最近やってみている手法なんですが、面白いと思いますよ。

やはりちゃんと勉強しないとFXは勝てない気がします。

この手法面白いです。簡単にもらえます → FX手法タダでもらえます




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。