FXでセレブなニート生活
仕事を辞め、家で気楽に過ごせるまでのFX日記です
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
最近FXやってるんで、本とかを読んで勉強中です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




最近やってみている手法なんですが、面白いと思いますよ。

やはりちゃんと勉強しないとFXは勝てない気がします。

この手法面白いです。簡単にもらえます → FX手法タダでもらえます




人民元・ドル・円
2009年12月11日 (金) 21:42 | 編集
最近FXやってるんで、本とかを読んで勉強中です。

人民元・ドル・円
人民元・ドル・円
価格: 735円
販売元: 楽天ブックス

岩波新書 著者:田村秀男出版社:岩波書店サイズ:新書ページ数:196p発行年月:2004年07月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)莫大な投資が失業を引き起こし、おびただしい融資が不良債権を積み重ねながらも驀進する中国経済。その通貨・人民元の正体とは何か。元はアメリカ・ドル、日本円を巻き込んで中国を軟着陸させることができるのか。日米中のトライアングルを長期にわたり観察してきたジャーナリストが、現地取材と綿密なデータ分析により解き明かす。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 元の「顔」はなぜ毛沢東なのか/第2章 社会主義市場経済の試練/第3章 高度成長の光と影/第4章 香港マジックとは何か/第5章 中国株式会社幻想/第6章 ドル帝国の深層にあるもの/第7章 ドルと円、そして元【著者情報】(「BOOK」データベースより)田村秀男(タムラヒデオ)1946年高知県生まれ。1970年早稲田大学政経学部卒業後、日本経済新聞に入社。岡山支局、東京本社編集局産業部、経済部を経て、84年ワシントン特派員。88年東京本社編集局経済部次長、91年経済部編集委員、95‐96年米アジア財団(サンフランシスコ)上級研究員、96年香港支局長を経て、99年から編集委員。このほか、2000‐03年日本経済研究センター欧米研究会座長、04年神奈川大学経済学部および早稲田大学政経学部非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 経済・財政> 日本経済

スポンサーサイト




最近やってみている手法なんですが、面白いと思いますよ。

やはりちゃんと勉強しないとFXは勝てない気がします。

この手法面白いです。簡単にもらえます → FX手法タダでもらえます




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。