FXでセレブなニート生活
仕事を辞め、家で気楽に過ごせるまでのFX日記です
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
最近FXやってるんで、本とかを読んで勉強中です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




最近やってみている手法なんですが、面白いと思いますよ。

やはりちゃんと勉強しないとFXは勝てない気がします。

この手法面白いです。簡単にもらえます → FX手法タダでもらえます




五〇〇億ドルでできること
2009年06月19日 (金) 12:16 | 編集
最近FXやってるんで、本とかを読んで勉強中です。

五〇〇億ドルでできること
五〇〇億ドルでできること
価格: 1,680円
販売元: 楽天ブックス

著者:ビョルン・ロンボルグ/小林紀子出版社:バジリコサイズ:単行本ページ数:224,発行年月:2008年11月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)世界を救うための経済学的「正解」とは何か。地球温暖化、感染症の蔓延、内戦、教育格差、飢餓、独裁政治、人口と移住、水問題…。どれだけ金をつぎこんでもむくわれない問題とわずかなコストで劇的成果をあげられる問題がある。気鋭の経済学者たちが提言する世界的危機への優先順位ランキング。【目次】(「BOOK」データベースより)序章 私たちは真っ先に何をするべきか?/第1章 地球温暖化対策/第2章 感染症対策/第3章 世界の内戦発生数を減らすための課題/第4章 教育の欠如への取り組み/第5章 統治と政治腐敗の問題/第6章 飢餓と栄養不良対策/第7章 人口と移住の問題/第8章 水問題/第9章 補助金と貿易障壁について【著者情報】(「BOOK」データベースより)ロンボルグ,ビョルン(Lomborg,Bjorn)1965年生まれ。ビョルン・ロンボルグはコペンハーゲン・ビジネススクール助教授兼コペンハーゲン・コンセンサス・センター・ディレクター。論議を呼んだベストセラー『環境危機をあおってはいけない 地球環境のホントの実態』(文藝春秋)の著者でもある。2004年には、タイム誌の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた小林紀子(コバヤシノリコ)1965年東京都生まれ。上智大学外国語学部卒業。都市銀行勤務を経て、翻訳業に従事。訳書に『女の子って、どうして傷つけあうの?』(共訳)(日本評論社)がある。2008年夏よりフェアトレード製品のオンラインショップ(フェアトレード・ギフトショップ)を運営(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 経済・財政> 国際経済

スポンサーサイト




最近やってみている手法なんですが、面白いと思いますよ。

やはりちゃんと勉強しないとFXは勝てない気がします。

この手法面白いです。簡単にもらえます → FX手法タダでもらえます




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。