FXでセレブなニート生活
仕事を辞め、家で気楽に過ごせるまでのFX日記です
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
最近FXやってるんで、本とかを読んで勉強中です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




最近やってみている手法なんですが、面白いと思いますよ。

やはりちゃんと勉強しないとFXは勝てない気がします。

この手法面白いです。簡単にもらえます → FX手法タダでもらえます




国債と金利をめぐる300年史
2009年12月02日 (水) 12:26 | 編集
最近FXやってるんで、本とかを読んで勉強中です。

国債と金利をめぐる300年史
国債と金利をめぐる300年史
価格: 2,940円
販売元: 楽天ブックス

英国・米国・日本の国債管理政策 著者:真壁昭夫/玉木伸介出版社:東洋経済新報社サイズ:単行本ページ数:337p発行年月:2005年07月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)郵政民営化、年金資金運用基金の独立行政法人化など、公的金融の分野で変化が起こりつつある。その外形の変化の裏に潜むのは、政府の資金調達の持続可能性問題である。累増する財政赤字問題への対応、なかんずく国債管理政策は、今や国家百年の大計を定める大戦略である。本書は、骨太の議論を行うために、国債市場参加者(ファンド・マネージャー)、中央銀行、政策構築の視点に立ち、英国・米国・日本の三〇〇年の国債をめぐる歴史から考察し、国債管理政策を原点から見つめなおすものである。【目次】(「BOOK」データベースより)歴史から見る国債と金利/第1部 英国の国債管理政策三〇〇年史(三大特権会社による国債投資とバブルの崩壊:十八世紀前半/戦争と資金調達:十八世紀後半/平和と技術革新の時代:十九世紀/二つの世界大戦の戦費調達:二十世紀前半/社会福祉と財政赤字:二十世紀後半)/第2部 米国の国債管理政策二〇〇年史(国家の台頭と信用制度の構築:十九世紀/世界大戦と大恐慌:二十世紀前半/累積する債務と調達管理:二十世紀後半)/第3部 日本経済の歩みと国債管理政策(戦前の国債発行と日本銀行/日本銀行による国債を用いた金融調節の開始:昭和三十年代 ほか)/第4部 わが国の国債管理政策の進展と課題(国債管理政策のバックグラウンド/わが国の国債管理政策の目標と進展 ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)真壁昭夫(マカベアキオ)1976年一橋大学商学部卒業、第一勧業銀行入行。1983年ロンドン大学経営学部大学院卒業。1998年第一勧銀総合研究所金融市場調査部長。1999年より同研究所主席研究員を経て、みずほ総合研究所調査本部・主席研究員等を歴任。信州大学教授、慶応義塾大学講師、立教大学講師玉木伸介(タマキノブスケ)1979年東京大学経済学部卒業、日本銀行入行。考査局、企画局、国際局、情報サービス局広報課長。2001年総合研究開発機構(NIRA)主任研究員を経て、預金保険機構勤務。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス経済学修士平山賢一(ヒラヤマケンイチ)1989年横浜市立大学商学部卒業、大和証券投資信託委託入社。1994年青山学院大学大学院国際政治経済学研究科卒業(国際政治学修士)。1997年東京海上火災保険入社を経て、東京海上アセットマネジメント投信運用戦略室チーフストラテジスト。(財)年金総合研究センター客員研究員(2001年度、2004年度)、経済産業省産業構造審議会臨時委員(2005年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 経済・財政> 財政

スポンサーサイト




最近やってみている手法なんですが、面白いと思いますよ。

やはりちゃんと勉強しないとFXは勝てない気がします。

この手法面白いです。簡単にもらえます → FX手法タダでもらえます




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。