FXでセレブなニート生活
仕事を辞め、家で気楽に過ごせるまでのFX日記です
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
最近FXやってるんで、本とかを読んで勉強中です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




最近やってみている手法なんですが、面白いと思いますよ。

やはりちゃんと勉強しないとFXは勝てない気がします。

この手法面白いです。簡単にもらえます → FX手法タダでもらえます




雇用,利子および貨幣の一般理論(上)
2009年04月08日 (水) 11:34 | 編集
最近FXやってるんで、本とかを読んで勉強中です。

雇用,利子および貨幣の一般理論(上)
雇用,利子および貨幣の一般理論(上)
価格: 945円
販売元: 楽天ブックス

岩波文庫 著者:ジョン・メーナード・ケインズ/間宮陽介出版社:岩波書店サイズ:文庫ページ数:403p発行年月:2008年01月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)経済学の歴史に「ケインズ革命」と呼ばれる一大転機を画した書。資本主義の抱える大量失業と不安定な経済循環への処方箋として、雇用と有効需要、利子率と流動性とを組み合わせた「一般理論」を構想。現代経済学の出発点にして、今なお必読の古典。待望の新訳。【目次】(「BOOK」データベースより)第1篇 序論(一般理論/古典派経済学の公準/有効需要の原理)/第2篇 定義と概念(単位の選定/産出量と雇用の決定因としての期待/所得、貯蓄および投資の定義/使用費用について/貯蓄と投資の意味?続論)/第3篇 消費性向(消費性向(一)?客観的要因/消費性向(二)?主観的要因/限界消費性向と乗数)/第4篇 投資誘因(資本の限界効率/長期期待の状態/利子率の一般理論/古典派の利子率理論/マーシャル『経済学原理』、リカード『政治経済学原理』、その他に見られる利子率について/流動性への心理的誘因と営業的誘因/資本の性質に関するくさぐさの考察/利子と貨幣の本質的特性/雇用の一般理論?再論)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 経済・財政> 経済学

スポンサーサイト




最近やってみている手法なんですが、面白いと思いますよ。

やはりちゃんと勉強しないとFXは勝てない気がします。

この手法面白いです。簡単にもらえます → FX手法タダでもらえます




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。