FXでセレブなニート生活
仕事を辞め、家で気楽に過ごせるまでのFX日記です
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
最近FXやってるんで、本とかを読んで勉強中です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




最近やってみている手法なんですが、面白いと思いますよ。

やはりちゃんと勉強しないとFXは勝てない気がします。

この手法面白いです。簡単にもらえます → FX手法タダでもらえます




雇用・利子・収益率とジェラール曲線
2009年12月21日 (月) 20:38 | 編集
最近FXやってるんで、本とかを読んで勉強中です。

雇用・利子・収益率とジェラール曲線
雇用・利子・収益率とジェラール曲線
価格: 2,100円
販売元: 楽天ブックス

著者:ジャン・ピエール・ジェラール/石橋春男出版社:慶応義塾大学出版会サイズ:単行本ページ数:154p発行年月:2003年08月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)本書で紹介する「ジェラール曲線」分析は、雇用、実質利子率、および収益率の関係を表すものであり、企業のリストラや海外進出とそれによる産業の空洞化、失業の増大、さらには政府・日銀の進める構造改革や金融政策など、日本経済の当面する諸問題を一つのフレームワークで説明してくれる。また、そこから導かれる政策的議論は、フランスを対象としたものであるが、デフレからの脱却を模索する日本にも当てはまるものであり、とくに公的部門についての指摘は、きわめて示唆に富んでいる。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 経営者の行動、実質利子率、および収益率(収益率と実質利子率/企業の経営者たちはどのように行動するのか)/第2章 雇用と収益率の理論的関係(収益率‐雇用曲線の作図/曲線の形状/理論の構築/曲線の意味)/第3章 理論の検討(曲線の形状/実質利子率/公的部門の収益率と曲線の形状)/第4章 雇用、金融問題、および財政(雇用、収益率、および金融政策/雇用政策と収益率‐雇用曲線)/第5章 経済構造への影響(ドイツ型資本主義対イギリス・アメリカ型資本主義、問題は金利なのか/実質利子率の上昇はイギリス・アメリカ型資本主義の利点である)【著者情報】(「BOOK」データベースより)ジェラール,ジャン=ピエール(G´erard,Jean‐Pierre)元フランス中央銀行金融政策委員会委員、Club des N° 1 Mondiaux Francais `a l’Exportation会長石橋春男(イシバシハルオ)昭和42年早稲田大学第一政治経済学部卒業。昭和47年早稲田大学大学院商学研究科博士課程修了。現在、大東文化大学環境創造学部教授関谷喜三郎(セキヤキサブロウ)昭和48年日本大学経済学部卒業。昭和53年日本大学大学院商学研究科博士課程修了。現在、日本大学商学部教授栗田善吉(クリタゼンキチ)昭和63年大東文化大学経済学部卒業。平成5年大東文化大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。現在、(財)運輸調査局調査研究センター主任研究員、大東文化大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 経済・財政> 経済学

スポンサーサイト




最近やってみている手法なんですが、面白いと思いますよ。

やはりちゃんと勉強しないとFXは勝てない気がします。

この手法面白いです。簡単にもらえます → FX手法タダでもらえます




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。