FXでセレブなニート生活
仕事を辞め、家で気楽に過ごせるまでのFX日記です
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
最近FXやってるんで、本とかを読んで勉強中です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




最近やってみている手法なんですが、面白いと思いますよ。

やはりちゃんと勉強しないとFXは勝てない気がします。

この手法面白いです。簡単にもらえます → FX手法タダでもらえます




経済成長と金融動機・利子・利潤
2009年02月23日 (月) 05:02 | 編集
最近FXやってるんで、本とかを読んで勉強中です。

経済成長と金融動機・利子・利潤
経済成長と金融動機・利子・利潤
価格: 4,200円
販売元: 楽天ブックス

経済学論集 著者:渡辺弘出版社:晃洋書房サイズ:単行本ページ数:265p発行年月:2001年02月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)本書の1つ目の中心課題はケインズの『一般理論』出版直後の論争を通して取引動機に基づく貨幣需要を修正し、貨幣需要は支出前に起こり、貨幣が用意されなければならないとして、新たに金融動機に基づく貨幣需要の導入に関する論争である。2つ目の重要課題は経済成長ないし資本蓄積に貨幣を導入して利子・利潤がいかに決まるかの問題である。3つ目の課題として、M.カレツキの所得分配と経済変動のほか、R.F.ハロッドとE.ドーマーの差異をめぐる論争やN.カルドアのケインズ派成長理論に加えて、それらとは対称的で、安定的な新古典派2部門成長理論を、J.E.ミードの理論を中心に、数人の成長理論を比較検討した。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 流動性選好説と貸付資金説?ハーンとチャンの所説の検討/第2章 利子・利潤と資本蓄積/第3章 金融動機と投資・貯蓄/第4章 金融動機とISーLM分析/第5章 資本蓄積と所得分配?コメントに対する回答/第6章 経済動学?カレツキの所説を中心に/第7章 ハロッドとドーマーの成長理論の差異?オオシマ氏のドーマー批判の吟味/第8章 ドーマーの成長理論はインフレ的か?オオシマ氏の所説を中心に/第9章 カルドアの成長理論の検討/第10章 技術進歩と所得分配?新古典派2部門成長モデル【著者情報】(「BOOK」データベースより)渡辺弘(ワタナベヒロム)1931年京都府に生まれる。1955年同志社大学大学院経済学研究科修士課程修了。1955年同志社大学経済学部助手。1967年同教授、現在に至る。1978年経済学博士(同志社大学)を受ける。主要著書に『価格理論入門』有斐閣1969年。『資本蓄積と所得分配』有斐閣1979年。『改訂増補 マクロ・エコノミックス入門』(編著)晃洋書房1991年(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。・本> ビジネス・経済・就職> 経済・財政> 経済学

スポンサーサイト




最近やってみている手法なんですが、面白いと思いますよ。

やはりちゃんと勉強しないとFXは勝てない気がします。

この手法面白いです。簡単にもらえます → FX手法タダでもらえます




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。